<   2017年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

大規模火災の痕・・・(2669)


秘湯の宿から北アルプスの高原の宿へ行く途中、
低い雲が垂れ込め小雨模様となりました。
これも旅の良いところで、こんな景色はなかなか撮れないですね。
e0349750_08510214.jpg





雲は平らになって止む気配もないけど、のんびりと安全運転で
糸魚川の駅に寄ってみました。
e0349750_08512226.jpg






駅から海に向かって大規模火災となった現地を見学していくことにしました。
何組かの市町村の議員さんなどがマイクロバスで視察に来ていました。
e0349750_08514411.jpg





昨年12月23日糸魚川市大町一丁目の中華店から失火した火災は
約150棟を延焼し、過去20年で最悪の焼損棟数となった。
e0349750_08520853.jpg





総務省消防庁によると、地震や津波を除くと、住宅や飲食店が
火元となった火災としては過去20年で最悪の焼損棟数となった。
e0349750_08523649.jpg





日本海が見えるまでもなって、いまだ痛ましい爪痕が残っていました。
災害国日本一人一人が自覚し、こうした被害をいくらかでも減少させたいですね。
e0349750_08525760.jpg
☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
  今日の一曲 / 時のたつまま


[PR]
by atranze | 2017-10-31 09:37 | | Comments(8)

秘湯温泉・・・(2668)


 秘湯温泉と高原の宿を2泊3日で巡りました。
出かけたのは10月24日台風21号が去ったその日、
関越自動車道糸魚川へ向かいました。




以前にも行ったことがあり大変温泉が良かったので、
再び日本の秘湯「笹倉温泉龍雲荘」です。
e0349750_08554486.jpg





日本の原風景ともいえるような山奥に田畑と民家を見つけました。
e0349750_09013846.jpg





その先には、活火山焼山の麓にある「焼山温泉」です。その傍には早川が流れています。
e0349750_09015737.jpg





更に民家もない山奥へ進んでいくと・・・。。
e0349750_09022290.jpg





もう既に雪を被った、火打山(左)と焼山(右)の麓に湧き出る温泉の宿です。
また右側の山々には、雨飾山や烏帽子山の連なるところです。
e0349750_09030869.jpg







露天風呂など、一般に開放されて今年で90年経つそうです。
e0349750_09034198.jpg





源泉かけ流しのお風呂は、日本の懐かしい古き時代に想いを馳せる心地です。
e0349750_09040675.jpg





天然の温泉をそのまま楽しむため、地元の人たちからも
「美人の湯」として人気があるようです。
e0349750_09042550.jpg





温泉は勿論、肌がすべすべとして効果があるようです。
料理も美味しく、秘湯の宿でのんびりと過ごす事が出来ました。
e0349750_09044837.jpg

☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
  今日の一曲 / 遠くへ行きたい

[PR]
by atranze | 2017-10-30 09:49 | | Comments(10)

島原から熊本へ・・・(2667)



長崎市から車で島原へと向かい、いよいよこの旅も最終となりました。


島原城は、再建されたものですが、有数のキリシタン資料と
ロマンに彩られた歴史の城でもあり、島原・天草の乱は有名ですね。



古い町屋風の建物や武家屋敷があってゆっくり歩いて周遊したいところでしたが、
長崎で時間を掛けてしまい最終船の熊本行きのフェリーに乗らないと大変なので
じっくり見学することは出来なかったので残念です。
e0349750_08533842.jpg





約60分の船旅となり熊本行のフェリーからは、島原最高峰の雲仙岳も見え
哀愁ある島原の夜景にデッキでオカリナを吹いて別れを告げました。
e0349750_08535736.jpg





熊本に着き、友人の家の近くで夕食を撮ることになりました。
桜肉や辛子レンコン、ラム肉など頂きました。
芋焼酎なども入って九州の旅最後の夜となりました。


e0349750_08562249.jpg
e0349750_08564487.jpg
e0349750_08573824.jpg














いよいよ最終日となり、昨夜遅かったので宿泊したところが
いまいち良く分かりませんでしたが、熊本城近くの「ネストホテル熊本」でした。
e0349750_09003017.jpg





熊本城を案内され、絶句。
e0349750_09010740.jpg






熊本城へはこれで三度目ですが、これほどまでに破壊され、
地元友人の目もウルウルしているのが分かりました。
でも海外からの観光客も多く寄付金や街を活気づけるために
賑わうことで雪と希望を与えているようです。みなさんも是非訪ねてみて下さい。
e0349750_09012283.jpg





熊本市役所庁舎から眺めた熊本城は急ピッチで再建されていますが、
完全修復は約20年かかるようです。
e0349750_09030857.jpg




一行は水前寺成趣園へ向かいました。ここは桃山様式の優美な回遊式庭園です。
e0349750_09020395.jpg






出水神社内で運よく流鏑馬を見ることが出来ました。
境内で行うところ雨模様なので本殿内で行いました。
e0349750_09023081.jpg





平成の水百選でもあり、水前寺江津湖湧水群として、地下水かん養林の保全活動など
精冽な湧水でもあり長寿の水でもあるようです。

この九州の旅も白川水源から始まり、湯布院の麗水や水前寺の出水神社など、
水神様に守られていたように思います。
雨も少し降っただけでいい旅でした。(九州の旅を企画した友人に感謝)
e0349750_09033582.jpg
☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
  今日の一曲 / 旅の終わり



[PR]
by atranze | 2017-10-28 10:33 | | Comments(14)

長崎散策・・・(2666)


 2泊3日の温泉の旅から26日の夕刻帰宅しましたので、
九州の旅を再び掲載したいと思いますのでよろしくお願いします。





宿泊のホテルからは、出島和蘭商館跡が近いので、歩いて行くことにしました。
e0349750_08410176.jpg






当時の街並みと商館長やカピタンの生活などが再現されていました。
また、ミニュチアなどでも石垣や土塀なども再現され当時の雰囲気を味わえます。
e0349750_08415571.jpg




グラバー園へも行きましたが、何年か前にも来ていますが、変わっていませんでした。
e0349750_08470900.jpg





大浦天主堂は、二十六聖人に捧げられた天主堂は国宝になっています。
ステンドグラスの織りなす光のアートは荘厳さながら異空間に連れてこられたようです。
e0349750_08480033.jpg





天主堂の脇から長崎湾を眺めると、異国情緒な街を歩いているような雰囲気です。
e0349750_08483246.jpg






市電に乗って平和公園まで行きました。
e0349750_08542341.jpg





松山町で下車し、平和公園では記念像があり、右手は原爆、左手は平和を
表現しているようです。原爆落下中心地や原爆資料館を見て回りましたが、
何度来ても胸が締め付けられる思いです。
e0349750_08503071.jpg






今でも原爆で破壊された建物の遺構や被爆した石造が残っている
浦上天主堂へも足を運びました。
禁制を解かれた後、弾圧に苦しんだ信徒によって築かれた天主堂です。
e0349750_08575107.jpg






浦上天守堂辺りから幾分雨が降ってきましたが、
再び市電に乗ってホテルへ向かう途中、眼鏡橋へ寄って行きました。
e0349750_08491797.jpg





グラバー園でもそうでしたが、ここでもハートの石がみられました。(つづく)
e0349750_08494505.jpg

☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
  今日の一曲 / 愛と青春の旅立ち


[PR]
by atranze | 2017-10-27 09:42 | | Comments(16)

長崎の夜・・・(2665)


台風も去って、久しぶりに青空が広がり我が家から富士山もクッキリ見えました。


明日から新潟と長野の温泉へ行きますので、
☆彡異邦人のブログは休みますのでよろしくお願いします。




佐世保から二日目の宿「長崎ワシントンホテル」へ直行しました。
e0349750_19102663.jpg





ホテルの直ぐ脇には長崎新地中華街があったので闊歩しました。
e0349750_19110093.jpg





電停から市電に乗って稲佐山へ夜景を見に行くことにしました。
e0349750_19112697.jpg





水辺の森公園のプロムナードを歩くと情緒豊かな夜の港が望めます。
e0349750_19113850.jpg





海鮮市場長崎港出島ワープで本日のディナーとなりました。
e0349750_19115378.jpg





ライトアップされたこんな帆船を眺めながらの食事です。
e0349750_19120658.jpg





格安な海鮮丼など美味しかったです。
e0349750_19121870.jpg
e0349750_19123093.jpg
e0349750_19124564.jpg





とりわけみんなで乾杯!☆彡異邦人も一口。
話も弾んで笑いも止まりません。
e0349750_19130401.jpg






お腹もいっぱいになり一行は稲佐山へ!
長崎の夜景が香港、モナコと並び、「世界三大夜景」に認定されているそうです。
いつまでも眺めていたい大夜景でした。(つづく)
e0349750_19132243.jpg
☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
  今日の一曲 / バラのタンゴ


[PR]
by atranze | 2017-10-23 20:26 | | Comments(13)

佐世保バーガー・・・(2664)


 


別府湾を見下ろす恋人の聖地。
大分自動車道の別府湾サービスエリアから長崎へ向かいます。
e0349750_20175893.jpg







別府温泉を後に、大分自動車道から長崎自動車道を通って佐世保に着きました。
佐世保市は長崎県で2番目の雄都として、
また、在日米軍の基地及び造船の町として繁栄している町でもあります。
e0349750_20201912.jpg






某TVの「Youは何しに日本へ」で一躍有名になった
佐世保バーガーのお店へ行ってみました。
e0349750_20183769.jpg





かなり大きいので食べられないかと思いましたが
美味しいので食べられました。
e0349750_20185726.jpg





海上自衛隊佐世保資料館(セイルタワー)へ入ってみました。
ここは、入場や駐車場も無料で、旧海軍及び海上自衛隊の歴史や活動などを
分り易く解説し、艦船模型や各種史料が展示されていました。
e0349750_20191030.jpg







佐世保公園では少年らがボートやヨットで遊ぶ姿が見られました。
e0349750_20200554.jpg

☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
  今日の一曲 / 星は光りぬ


[PR]
by atranze | 2017-10-22 21:15 | | Comments(10)

別府温泉・・・(2663)



ホテルを9時に出て、友人の運転で高崎山自然動物園へ向かいました。
この道路は、海の水平線がビルの上まで広がり
道路に押し寄せてくるような不思議な錯覚に捉われます。
e0349750_08121679.jpg





以前、☆彡異邦人は上さんと来たことがありましたが沢山のお猿に驚きました。
e0349750_08122749.jpg





高崎山自然動物公園の入り口まで来ると係員の方が、今日はまだ猿の集団が
山から下りてこないので一匹も公園にはいませんとのことでした。
近年こういうことが時々あるようです。高崎山では何か変化があったのでしょうか。
e0349750_08123707.jpg





可愛い子ざるに会いに来たのに残念でした。
e0349750_08124725.jpg





一行は次の観光目的地の海地獄へと向かいました。
e0349750_08130273.jpg





千年の歳月を宿す温水に睡蓮が奇麗に咲いていました。
e0349750_08131563.jpg






血の色のように湧き上がる赤池地獄。
e0349750_08132747.jpg





地球の鼓動を刻む神秘の大地は、国指定名勝となっています。
色鮮やかなブルーの海地獄は日本古来の温泉地として名高いところです。
e0349750_08133963.jpg





売店ではこんなものもありました。
e0349750_08135164.jpg





☆彡異邦人らが訪れたのは海地獄ですが、その他「地獄めぐり」 があります。
e0349750_08140343.jpg
☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
  今日の一曲 / 青春の光と影

[PR]
by atranze | 2017-10-22 08:56 | | Comments(12)

別府・・・(2662)


一行は別府、本日の宿に着きました。
友人が企画して置いた宿。明るいうちに到着、ゆっくりできます。
e0349750_07594264.jpg





比較的立派な宿でした。
e0349750_08004601.jpg






先ずは温泉に入って。良い温泉ですね。さすが別府です。
e0349750_08000299.jpg





露天風呂にも入って、この日は三回入りました。また明日の朝入ります。
e0349750_08001571.jpg





温泉の入った後は、この竹林で少し夕涼みです。
e0349750_08002625.jpg





いよいよ夕食です。
e0349750_08011986.jpg
e0349750_08013792.jpg
e0349750_08015587.jpg
e0349750_08022167.jpg





もうお腹いっぱい。デザートも出て美味しくて綺麗に頂きました。
e0349750_08023969.jpg







翌朝、宿の窓から眺めると別府湾が見渡せました。
別府の観光巡りが楽しみです。(つづく)
e0349750_08025072.jpg
☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
  今日の一曲 / ベサメムチョ


[PR]
by atranze | 2017-10-21 08:21 | | Comments(14)

湯布院・・・(2661)


 阿蘇山から湯布院へ向かいました。


新しい町になってからは湯布院を使っていますが、古いお店などは由布院となっています。ここへは過去2度来たことがあり、立ち寄り湯や朝もやの湯布院の町は、カメラマンなどに人気があります。
e0349750_08084496.jpg






小さな町ですが、由布院ステンドグラス美術館や湯布院夢美術館などもあって、女性に人気のある町です。
e0349750_08090950.jpg






由布院を代表する観光スポット金鱗湖には、中国の人や韓国の女性が多く訪れていました。
e0349750_08093427.jpg





明治初期の儒学者・毛利空桑が、湖で泳ぐ魚の鱗が夕日で金色に輝くのを見て「金鱗湖」と名付けたといわれています。
e0349750_08095277.jpg





自然に恵まれて餌も豊富なのかアオサギがこんな身近に見ることが出来ました。
e0349750_08101390.jpg






双耳峰を持つ由布岳は、標高1,584mの美しい荘厳な姿から「豊後富士」と呼ばれ、古くから山岳信仰の対象として崇められているようです。残念ながらこの日はガスが掛かって山頂は良く見えませんでした。
e0349750_08103015.jpg






湯布院の水には定評があり、麗水を頂きました。美味しかったです。
e0349750_08104697.jpg






由布院から別府へと向かいました。本日の宿へ行く途中「明礬地獄」へ寄ってみました。ここは文化的景観に指定されている処でした。
e0349750_08110943.jpg
☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
  今日の一曲 / グラナダ


[PR]
by atranze | 2017-10-20 09:26 | | Comments(10)

阿蘇山大観峰・・・(2660)


 白川水源から東に向け車を走らせ阿蘇山へと向かいました。根子岳が見えるところで昼食をすることになりました。 
e0349750_07432278.jpg


築百四十余年、明治の風情を残す素朴な座敷のあるところで阿蘇の山々を一望しながらのランチです。
e0349750_07434006.jpg




郷土料理の高森田楽コースには、ヤマメ、豆腐、こんにゃく、つるの子芋など奥阿蘇で育った食材を味わうことにしました。
e0349750_07435850.jpg




こちらは熱々の生揚げも美味しかったです。
e0349750_07441567.jpg




囲炉裏を囲んで秘伝の味噌や山菜だこ汁にとうきびご飯で会話も弾みます。
e0349750_07444535.jpg




大自然から生まれた高森グルメの後は、阿蘇山へと向かいました。

e0349750_07451125.jpg




阿蘇の外輪山の容姿に思わず歓声が上がります。ナイアガラの滝のようにも思える雄大な大地も素晴らしいです。
e0349750_07453573.jpg




気が置けない友人と共に大観峰で記念写真を撮ります。チョイ悪親父のようにも見えますが、皆さん真面目ですよ。(^_-)-☆
e0349750_07460408.jpg
☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
  今日の一曲 / 淡き光に


[PR]
by atranze | 2017-10-19 08:30 | | Comments(12)