カテゴリ:旅( 49 )

一枚の写真・・・(2590)


 このところ関東地方では、毎日夏日が続いています。☆彡異邦人のブログの中では、一週間前から梅雨が明けています。

この暑さを乗り越え涼を求めて、この週末頑張っていきましょう。





          ~ 暑中お見舞い申し上げます。~





北欧の旅・2008.7.8 ノルウェーベルゲン市
e0349750_08301919.jpg
☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
  今日の一曲 / インシャラー


[PR]
by atranze | 2017-07-08 08:36 |

一枚の写真・・・(2584)


 今日の関東地方は梅雨らしく朝から雨模様です。でも、今年は本格的な梅雨の雨の日は数えるほどでした。明日は気温が上がり、もしかして梅雨明けになるかも知れません。


   今年の夏は、水不足な心配です。今日から7月。皆様頑張っていきましょう。



      ~ 良い週末をお過ごし下さい。~





2014.10.29  思い出のナポリ
e0349750_08440895.jpg

☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
  今日の一曲 / 酒と薔薇の日々

[PR]
by atranze | 2017-07-01 08:51 |

あじさい坂・・・(2576)


 我が家から車で約20分で、栃木市の大平山に行けます。この山麓には、ぶどう畑やハイキングコースなどがあって行楽日和には賑わうところです。今の時期には、紫陽花が咲いているころなので、昨日は、太平山麓のあじさい坂へ行ってみました。



平日とあってそんなには混雑していませんでしたが、紫陽花はちょうど見頃となっていました。
e0349750_07573167.jpg







自然に恵まれた景勝地としても人気があり、このあじさい坂は太平山神社まで続いています。
e0349750_07575473.jpg







あじさい坂は、六角堂前から随神門に至る太平山神社表参道、約1,000段の石段両側に西洋あじさいなどが約2,500株が咲いています。
e0349750_07582170.jpg







随神門から左に折れて行くと、上杉謙信が関東平野を見渡しあまりの広さに目を見張ったということから、「謙信平」の地名が生まれたそうです。そこの近くには、文豪山本有三の文学碑も建っています。太平山へ来たからには、三大名物「焼き鳥」「だんご」「玉子焼き」を食べて帰りました。
e0349750_07584157.jpg
☆彡異邦人が選ぶ動画をお贈りしています。
  今日の一曲 / 太平山あじさい坂

[PR]
by atranze | 2017-06-23 08:24 | | Comments(12)

のんびりと牛久沼・・・(2574)


 シャトーカミヤから牛久沼へ行ってみました。


牛久沼となっていますが、この地域は、牛久市ではなく全域が龍ヶ崎市となっているようです。周囲25キロ以上あるので、遠くに筑波山が小さく望めました。
e0349750_08281295.jpg







この沼では、サケやウナギなど漁獲できるそうです。うな丼(鰻重ではなく)は、ここが発祥の地だそうです。白鳥が北帰行せずこの沼で過ごしているようです。
e0349750_08284545.jpg








水辺には燦燦と日差しを受けた鮮やかなカンゾウの花でしょうか、奇麗に咲き誇っていました。
e0349750_08291769.jpg
☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
  今日の一曲 /オリビアを聴きながら


[PR]
by atranze | 2017-06-21 08:48 | | Comments(12)

シャトーカミヤ・・・(2573)


 我が県内には、国の重要文化財など沢山ありますが、その中でも☆彡異邦人が何度も訪れるところがあります。それがシャトーカミヤです。




ここは、日本初の本格的ワイン醸造場として建てられたシャトーカミヤの本館です。1903年(明治36年)に建設されシンボル的な建物となっています。無料で入場出来ますので、夏休みなどぜひ我が県のこの地へ遊びに来ては如何でしょうか。
e0349750_08585123.jpg







中庭には、こうした木陰でのんびりするところもあって、異国的雰囲気をも味わえます。
e0349750_08591289.jpg







神谷博兵衛記念館には、このような貯蔵庫や醸造場施設(下の写真)なども見学できます。
e0349750_08593853.jpg
e0349750_09001096.jpg







窓から覗くと、日本とは思えない風景が見られます。
e0349750_09002931.jpg







明治中期の煉瓦造りの建築として、歴史的の価値と当時の醸造方式を理解するうえで高い評価を受けています。
e0349750_09004664.jpg







緑が見渡せるガラス張りの開放的な「ラ・テラス・ドゥ・オエノン」での店では、出来立てのクラフトビールや創作料理が頂けます。
e0349750_09010701.jpg







レストランキャノン。100年以上の歴史を誇る国指定重要文化財の貯蔵庫を改装した空間で風雅なフレンチを楽しむこともできます。
e0349750_09012963.jpg







ワイナリーの大きな樽。
e0349750_09014665.jpg







スーベニアショップでは、オリジナル商品や地元の名産品なども販売している。
e0349750_09020208.jpg







林の中には、過去・現在・未来に渡る歴史資料などが展示されていて、幅広く見ることが出来ます。
e0349750_09022073.jpg







竹林の向こうは、葡萄畑などがあってシャトー園内を散策することが出来ます。
e0349750_09023789.jpg
e0349750_09025738.jpg







広い園内には、バーベキューガーデンやブルワリー(ビール醸造所)などもあって芝生の上などでも楽しむこともできます。
e0349750_09033791.jpg







世界遺産に向けて、シャトーカミヤが登録されるのも近いのではないかと思います。
e0349750_09040054.jpg
☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
  今日の一曲 / オリーブの首飾り


[PR]
by atranze | 2017-06-20 10:07 | | Comments(18)

芝桜・・・(5228)


 鯉のぼりが泳いでいる会場の東側斜面の丘には、芝桜が一面に広がる花の絨毯になっていました。





天気も五月晴れの好天に恵まれ、広大な敷地にピンクの芝桜が活き活きと鮮やかです。
e0349750_08364053.jpg










菜の花の黄色と、芝桜の色彩が入り混じって気分もルンルンです。
e0349750_08373497.jpg










この時は、雪が降ったかのように白い芝桜は幾分疎らのところもありましたが、GWには満開に埋まっていると思います。広大な芝桜の絨毯が空まで続いているかのようです。
e0349750_08375783.jpg









お昼時間には、桜の木の下で芝桜を眺めながらランチをとりました。ピンクの八重桜と緑の桜も満開に咲いていました。
e0349750_08382384.jpg









北の斜面には、ネモフィラの花が咲いています。茨城県にある国営ひたち海浜公園では有名ですが、ここでも淡いブルーの花が満開でした。
e0349750_08384498.jpg










また、西側の丘には、至る処にアイルランドポピーのカラフルな花々が咲き乱れ、お花畑が広がっています。
e0349750_08390205.jpg










GWには、混雑が予想されますが、この時は、人も疎らで青い空と爽快な風とピンクに染まる芝桜を、思う存分楽しむことが出来ました。
e0349750_08392733.jpg
☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
  今日の一曲 / 恋のハッピー・デート


[PR]
by atranze | 2017-04-29 09:07 | | Comments(18)

鯉のぼり群・・・(2527)


 白馬へ行ったときに、北関東自動車道から見えたピンク一色の芝桜と大きな鯉のぼりの大群。あらためて後日、その場所へ行ってみました。


そこは、群馬県太田市にある北部運動公園です。ここへは何度か夜のイルミネーションなどで来たことがあったところです。








駐車場から出ると、何匹もの大きな鯉のぼりが舞い上がっていました。
e0349750_08343908.jpg










ポピーの花も咲いている丘からも鯉のぼりが見えます。この反対側の丘には、芝桜のじゅうたんが一面に広がります。
e0349750_08350178.jpg









この数300匹くらいでしょうか。ほどほどの風に悠然と泳ぐ鯉のぼりは壮観です。
e0349750_08351907.jpg
☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
  今日の一曲 / 赤いスイートピー

[PR]
by atranze | 2017-04-28 08:53 | | Comments(10)

北アルプスの眺望・・・(2524)


 白馬村へ行く途中、晴れていればカメラスポットがあります。




桃源郷からヒマラヤ街道を抜ける、日本版カラコルムハイウェイの様だ。長野市から小川村への行く途中、トンネルを出ると、北アルプスの鹿島槍ヶ岳や白馬五竜が現れ、思わずわ~っと歓声を上げたくなる絶景ポイントです。
e0349750_08161416.jpg









長野市中条(旧中条村)からの絶景ポイント。古い民家が残る昔ながらの家屋は、民話日本昔話に出てくるような景色ですね。
e0349750_08203080.jpg









上さんと登ったことがある鹿島槍ヶ岳(2889m)が、雄大にそびえ立っている眺望は素晴らしいです。
e0349750_08182409.jpg
☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
  今日の一曲 / 青い山脈

[PR]
by atranze | 2017-04-25 08:44 | | Comments(14)

雪渓・・・(2523)


 桜を求めて当てもなく白馬方面へと出た旅ですが、やはり白馬は四季を通じて好きなところです。白馬へは毎年来ていますが、近年外国人も多く見かけます。白馬に入ると、桜はまだ蕾でした。
e0349750_08264324.jpg




山がまじかに聳え、スイスのようなこの景色に感動します。この辺りは、雲は覆われていませんが3千m級の山々は厚い雲で覆われていました。出来れば八方尾根辺りまで登山をしたかったのですが諦めました。
e0349750_08255016.jpg




比較的今頃の季節にはホテルに空きがあるので、白馬ハイランドホテル直接行き、フロントで交渉してリーズナブルで宿泊できることになりました。
e0349750_08455810.jpg





案内された部屋は5Fで窓から山が見えるところでラッキーでした。
e0349750_08462111.jpg






温泉は2ケ所あって、まず、温泉に浸かり雄大な景色を見ながら旅の疲れを癒しました。
e0349750_09253484.jpg





夕食も山の見えるところですが生憎白馬岳の山頂などは見えませんでした。夕暮れ時の変化する山容を見ながら美味しい夕食に舌鼓は、山好きの☆彡異邦人にはたまらないです。
e0349750_08464662.jpg






山の天気は変わりやすいものです。翌朝、雨が降ったかと思うと春雷が鳴り、少し経つと綺麗な虹が現れました。スポットライトに照らされたようなこの光景は約一時間も続き、幻想的な素晴らしいものでした。
e0349750_08482871.jpg





虹が消え北の方は、一部雲が途切れ山容が浮かび上がってきました。このまま今日の天気が良くなればと願うばかりです。
e0349750_08501388.jpg





朝の温泉は特に気持ちの良いものです。ここは別の温泉の露天風呂から眺めた景色で、天気はイマイチでしたのでチェックアウトまでのんびりと温泉に浸かりホテルを後にすることにしました。
e0349750_08480416.jpg

☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
  今日の一曲 / 恋は水色


[PR]
by atranze | 2017-04-24 09:42 | | Comments(14)

里山の桜・・・(2522)


 長野市から白馬村へ向かう途中に信州小川村があります。



そこは、自然と人と素朴で美しい里山の小さな村です。
e0349750_09083260.jpg




ちょうど山桜が満開でした。四季折々の美しい風景を訪ねるのも良いものですね。
e0349750_09085275.jpg




村には、このような屋根をした建物を見かけました。関東では見かけない珍しい屋根です。
e0349750_09092387.jpg




全体の建物はこんな形です。
e0349750_09094998.jpg




更に桜を求めて、村人に聞くと立屋の桜、番所の桜、お流れの桜など桜の名所はあるようですが、二反田の桜を観に行ってみました。
e0349750_09090762.jpg





絵本に出てくるような里山に、桜が満開に咲いていました。車から降り歩いて美しい桜を堪能しました。
e0349750_09101876.jpg




小川アルプスラインを車で進むと、日本の原風景のような景色が現れ、絵を描く人や数人の外国人にも出会いました。
e0349750_09162015.jpg






清らかな風が流れる高原に車を走らすと、アルプス展望広場や星と緑のロマントピアもあるのですが、北アルプスの見える方向には厚い雲がかかっていて見ることは出来ませんでした。残念!。また訪れたい村でした。
e0349750_09113340.jpg
☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
  今日の一曲 / 歌うたいのバラッド


[PR]
by atranze | 2017-04-23 10:47 | | Comments(10)