カテゴリ:旅( 44 )

芝桜・・・(5228)


 鯉のぼりが泳いでいる会場の東側斜面の丘には、芝桜が一面に広がる花の絨毯になっていました。





天気も五月晴れの好天に恵まれ、広大な敷地にピンクの芝桜が活き活きと鮮やかです。
e0349750_08364053.jpg










菜の花の黄色と、芝桜の色彩が入り混じって気分もルンルンです。
e0349750_08373497.jpg










この時は、雪が降ったかのように白い芝桜は幾分疎らのところもありましたが、GWには満開に埋まっていると思います。広大な芝桜の絨毯が空まで続いているかのようです。
e0349750_08375783.jpg









お昼時間には、桜の木の下で芝桜を眺めながらランチをとりました。ピンクの八重桜と緑の桜も満開に咲いていました。
e0349750_08382384.jpg









北の斜面には、ネモフィラの花が咲いています。茨城県にある国営ひたち海浜公園では有名ですが、ここでも淡いブルーの花が満開でした。
e0349750_08384498.jpg










また、西側の丘には、至る処にアイルランドポピーのカラフルな花々が咲き乱れ、お花畑が広がっています。
e0349750_08390205.jpg










GWには、混雑が予想されますが、この時は、人も疎らで青い空と爽快な風とピンクに染まる芝桜を、思う存分楽しむことが出来ました。
e0349750_08392733.jpg
☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
  今日の一曲 / 恋のハッピー・デート


[PR]
by atranze | 2017-04-29 09:07 | | Comments(4)

鯉のぼり群・・・(2527)


 白馬へ行ったときに、北関東自動車道から見えたピンク一色の芝桜と大きな鯉のぼりの大群。あらためて後日、その場所へ行ってみました。


そこは、群馬県太田市にある北部運動公園です。ここへは何度か夜のイルミネーションなどで来たことがあったところです。








駐車場から出ると、何匹もの大きな鯉のぼりが舞い上がっていました。
e0349750_08343908.jpg










ポピーの花も咲いている丘からも鯉のぼりが見えます。この反対側の丘には、芝桜のじゅうたんが一面に広がります。
e0349750_08350178.jpg









この数300匹くらいでしょうか。ほどほどの風に悠然と泳ぐ鯉のぼりは壮観です。
e0349750_08351907.jpg
☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
  今日の一曲 / 赤いスイートピー

[PR]
by atranze | 2017-04-28 08:53 | | Comments(10)

北アルプスの眺望・・・(2524)


 白馬村へ行く途中、晴れていればカメラスポットがあります。




桃源郷からヒマラヤ街道を抜ける、日本版カラコルムハイウェイの様だ。長野市から小川村への行く途中、トンネルを出ると、北アルプスの鹿島槍ヶ岳や白馬五竜が現れ、思わずわ~っと歓声を上げたくなる絶景ポイントです。
e0349750_08161416.jpg









長野市中条(旧中条村)からの絶景ポイント。古い民家が残る昔ながらの家屋は、民話日本昔話に出てくるような景色ですね。
e0349750_08203080.jpg









上さんと登ったことがある鹿島槍ヶ岳(2889m)が、雄大にそびえ立っている眺望は素晴らしいです。
e0349750_08182409.jpg
☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
  今日の一曲 / 青い山脈

[PR]
by atranze | 2017-04-25 08:44 | | Comments(14)

雪渓・・・(2523)


 桜を求めて当てもなく白馬方面へと出た旅ですが、やはり白馬は四季を通じて好きなところです。白馬へは毎年来ていますが、近年外国人も多く見かけます。白馬に入ると、桜はまだ蕾でした。
e0349750_08264324.jpg




山がまじかに聳え、スイスのようなこの景色に感動します。この辺りは、雲は覆われていませんが3千m級の山々は厚い雲で覆われていました。出来れば八方尾根辺りまで登山をしたかったのですが諦めました。
e0349750_08255016.jpg




比較的今頃の季節にはホテルに空きがあるので、白馬ハイランドホテル直接行き、フロントで交渉してリーズナブルで宿泊できることになりました。
e0349750_08455810.jpg





案内された部屋は5Fで窓から山が見えるところでラッキーでした。
e0349750_08462111.jpg






温泉は2ケ所あって、まず、温泉に浸かり雄大な景色を見ながら旅の疲れを癒しました。
e0349750_09253484.jpg





夕食も山の見えるところですが生憎白馬岳の山頂などは見えませんでした。夕暮れ時の変化する山容を見ながら美味しい夕食に舌鼓は、山好きの☆彡異邦人にはたまらないです。
e0349750_08464662.jpg






山の天気は変わりやすいものです。翌朝、雨が降ったかと思うと春雷が鳴り、少し経つと綺麗な虹が現れました。スポットライトに照らされたようなこの光景は約一時間も続き、幻想的な素晴らしいものでした。
e0349750_08482871.jpg





虹が消え北の方は、一部雲が途切れ山容が浮かび上がってきました。このまま今日の天気が良くなればと願うばかりです。
e0349750_08501388.jpg





朝の温泉は特に気持ちの良いものです。ここは別の温泉の露天風呂から眺めた景色で、天気はイマイチでしたのでチェックアウトまでのんびりと温泉に浸かりホテルを後にすることにしました。
e0349750_08480416.jpg

☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
  今日の一曲 / 恋は水色


[PR]
by atranze | 2017-04-24 09:42 | | Comments(14)

里山の桜・・・(2522)


 長野市から白馬村へ向かう途中に信州小川村があります。



そこは、自然と人と素朴で美しい里山の小さな村です。
e0349750_09083260.jpg




ちょうど山桜が満開でした。四季折々の美しい風景を訪ねるのも良いものですね。
e0349750_09085275.jpg




村には、このような屋根をした建物を見かけました。関東では見かけない珍しい屋根です。
e0349750_09092387.jpg




全体の建物はこんな形です。
e0349750_09094998.jpg




更に桜を求めて、村人に聞くと立屋の桜、番所の桜、お流れの桜など桜の名所はあるようですが、二反田の桜を観に行ってみました。
e0349750_09090762.jpg





絵本に出てくるような里山に、桜が満開に咲いていました。車から降り歩いて美しい桜を堪能しました。
e0349750_09101876.jpg




小川アルプスラインを車で進むと、日本の原風景のような景色が現れ、絵を描く人や数人の外国人にも出会いました。
e0349750_09162015.jpg






清らかな風が流れる高原に車を走らすと、アルプス展望広場や星と緑のロマントピアもあるのですが、北アルプスの見える方向には厚い雲がかかっていて見ることは出来ませんでした。残念!。また訪れたい村でした。
e0349750_09113340.jpg
☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
  今日の一曲 / 歌うたいのバラッド


[PR]
by atranze | 2017-04-23 10:47 | | Comments(10)

さくら巡り・・・(2520)


 上さんと話をしていて、急に桜を観に行きたい気持ちに駆られ、18日あてもないドライブとして朝9時30分に家を出て、とりわけ白馬へと向かいました。家を出る時には、風もあり雨も降っていましたが、小諸辺りは素晴らしい天気に変わり風も止んでしました。





東北道~北関東道~関越道~上信越道~長野道を経て長野ICで降下し、桜の名所でもある川中島古戦場へ12時に着き、八幡社に参拝し昼食をとりました。
e0349750_08464940.jpg










古戦場内の桜は、今がちょうど満開となっていました。
e0349750_08471161.jpg









このように桜が満開となった川中島古戦場へは久しぶりです。リンゴの季節にも何度か寄ったことがありました。
e0349750_08473463.jpg









遠くの峰々には雪がかぶり、雪割桜のような満開の花が素晴らしかったです。
e0349750_08475957.jpg









古戦場から少し外れたところからは、桃の木に花がやはり満開となって咲いていました。来て良かったです。
e0349750_08482711.jpg
☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。(今週は☆彡異邦人の好きなBENIさんの曲を流しています。)
  今日の一曲 / LALALA LOVE SONG

[PR]
by atranze | 2017-04-21 09:17 | | Comments(20)

ひな祭り・・・(2480)


 明日3月3日は、ひな祭りですね。どんよりとした寒空の中、筑波山の麓にある桜川市真壁地区の”ひなまつり”を見てきました。


ここは、中世の城下町に起源をもつ真壁の街並みは、僅かですが江戸時代の面影を残し、明治時代には、製糸工場や石材業も興隆し、古い家並みに飾られたお雛様巡りです。




町のほぼ中央にある神武社には、素朴なお雛様が飾ってありました。
e0349750_16504913.jpg








登録文化財をはじめとする伝統的な街並みを歩くと、民家や街角などに飾られた雛人形はひとつひとつ個性に溢れ、華やかでどこか懐かしいお雛様に出会えます。
e0349750_16510582.jpg







二階に飾られたお雛様も町歩く人の目を引きます。
e0349750_16511664.jpg








個人の家の前にも、こうしたひな飾りがあって、歩き疲れた人にも縁台などが用意されていて、心が和みます。
e0349750_16512960.jpg







華やかで立派なお雛様ですね。
e0349750_16513905.jpg







町並みにはエリアがあって、頂いたパンフレットなどを見て歩くのもまた楽しいです。
e0349750_16515474.jpg








真壁の町はそんなに広くはないですが、路はちょっと複雑。人に尋ねながら、迷ってまだ見ぬお雛様を探すのも楽しみです。
e0349750_16520596.jpg








吊るし雛もところどころにありました。
e0349750_16521710.jpg








呉服を営むお店でも気楽に入ってお雛様を見ることが出来ます。
e0349750_16522837.jpg








配布された地図を片手に、何処にどんな雛人形が飾られているのかを捜し歩き、年代ごとのいろんなお雛様と出会えて、ひな巡りを堪能出来ました。
e0349750_16523628.jpg
☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
    今日の一曲 / ひな祭りに聴きたい曲


[PR]
by atranze | 2017-03-02 17:38 | | Comments(22)

六角堂・・・(2473)


 西山荘~竜神大吊橋~袋田の滝~六角堂へと足を運びました。


途中、「野口雨情」の生家や記念館などありますが、夕刻近くなってしまったので入館できませんでした。








先を急いで、六角形の建築物ある六角堂へ向かいました。六角堂は、茨城県北茨城市大津町五浦にあって、明治時代に岡倉天心が思索の場所として自ら設計したもので、現在は、茨城大学が五浦美術文化研究所として管理しているものですが、ここでも夕刻となり入館できませんでした。
e0349750_08410136.jpg










近くには、こんな井戸もありました。
e0349750_08412566.jpg









大津崎灯台がすぐ近くにある五浦岬公園の駐車場に車を置き、六角堂を見に行ってきました。
e0349750_08414333.jpg







六角堂は「関東の松島」の異名を持つ景勝地・五浦海岸の中でも優れた景観を示すところに建っています。また3.11の地震で大津波により倒壊しましたが、現在は見事に再建されていました。
e0349750_08532989.jpg








大津波により壊滅となったここ大津漁港も再建され、夕景の中にシルエットとなって穏やかな海に戻っているようでした。
e0349750_08431118.jpg
☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。(我が県の作詞家野口雨情のうた)
    今日の一曲 / 春の歌

[PR]
by atranze | 2017-02-10 09:30 | | Comments(14)

袋田の滝・・・(2471)


 久慈川の支流にかかる袋田の滝を見に行きました。




四段の岩壁を流れるこの滝は、高さ120m、幅73mの大きさを誇ります。が、この時は水量も少なく暖かい日だったので氷結もなく、白糸のように流れていました。
e0349750_13125352.jpg









恋人聖地がここにも合いました。
e0349750_13132478.jpg










こんなところにも海外の観光客が来ていました。以前来た時よりも水量はないのですが、四季ごとに姿を変え、紅葉時や凍結した滝にクライマーの姿を見ることが出来ます。
e0349750_13134301.jpg









お土産店では、このような自然の恵みを美味しく頂けました。
e0349750_13151701.jpg
☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
    今日の一曲 / 夢見る頃を過ぎても

[PR]
by atranze | 2017-02-08 13:35 | | Comments(14)

竜神大吊橋・・・(2470)


 黄門さま漫遊パスポートで、西山荘から奥久慈県立自然公園の竜神峡へと向かいました。






竜神大吊橋の前には無料駐車場があって、物産センターとレストラン森の風が大吊橋のたもとにあります。ここへ来るのは三度目ですが、新緑の竜神ダムを泳ぐ鯉のぼりなど祭りのときは混雑するようです。
e0349750_09385150.jpg










渡橋料大人310円ですが、パスポートによりスルーで渡れます。長さ375m、高さ100mで、橋の上からの眺めは四季折々のパノラマが広がります。
e0349750_09391492.jpg









ちょうど渡橋の時に、数名のバンジージャンプを行う人がいました。なかなか飛べなくて数分待っていると、恐怖に打ち勝ち勇気を発見! (〇〇さ~ん愛してるよ~)って竜神峡に愛を叫び落ちていきました。観客の人は拍手喝采です。
e0349750_09393041.jpg









V字形の美しい渓谷の中を流れる竜神川をせき止めた竜神ダムの上に竜神大吊橋が架けられました。ここはハイキングコースも整備され、かなり険しいコースもあってハイカーたちにも人気があります。
e0349750_09394990.jpg









橋は大自然の空間を舞い上がる竜を想起させ、浸食作用で出来た渓谷と清流の美しい景観を見ることが出来ます。

e0349750_09401637.jpg
☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
    今日の一曲 / 愛情物語

[PR]
by atranze | 2017-02-07 10:14 | | Comments(12)