「ほっ」と。キャンペーン

雪国・・・(2475)


 ☆彡異邦人のブログも長い間お休みしてしまいましたが、今日から再開しますのでよろしくお願いしま~す。


尾瀬岩鞍でスキー三昧の日々を過ごしましたが、我が家から車で3時間。こんなにも違う環境の中で遊んできました。







今年は幾分雪が多かったようですが、滑り止めを使わなくても、宿にはスムーズに辿り着けました。
e0349750_08330470.jpg







山の天気は変則です。スキーヤーもまばら、氷柱がこんなに垂れ下がっていました。
e0349750_08331967.jpg








ゲレンデの脇を覗くと、今年もニホンカモシカが出迎えてくれました。
e0349750_08333918.jpg








山の上のほうにもニホンカモシカが見られました。
e0349750_08335414.jpg








屋根は雪で埋もれ、氷柱がこんなにも垂れ下がっています。
e0349750_08341688.jpg








温泉に入った後の夕飯は、魚沼産のお米に白子やカニの甲羅にグラタンなど美味しいものが沢山出ました。また明日からガンガン滑りまくります。
e0349750_08343474.jpg
☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
    今日の一曲 / 雪国

[PR]
# by atranze | 2017-02-20 08:56 | 趣味 | Comments(10)

一枚の写真・・・(2474)


 今日は穏やかな冬晴れとなって気持ち良い日を迎えていますが、日本海側や北日本では雪が降って吹雪くところがあるようですね。



皆さんは、如何お過ごしでしょうか。☆彡異邦人は、尾瀬岩鞍へ恒例のスキーに行きますので、来週いっぱいブログはお休みとなりますのでよろしくお願いします。またの再会を楽しみにしています。




       ~ それでは皆さん、良い週末をお迎え下さい。~




もうそろそろコハクチョウも北帰行を迎える時期だと思います。(菅生沼にて)
e0349750_11084363.jpg
☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
    今日の一曲 / 北帰行


[PR]
# by atranze | 2017-02-11 11:21 | 生活環境

六角堂・・・(2473)


 西山荘~竜神大吊橋~袋田の滝~六角堂へと足を運びました。


途中、「野口雨情」の生家や記念館などありますが、夕刻近くなってしまったので入館できませんでした。








先を急いで、六角形の建築物ある六角堂へ向かいました。六角堂は、茨城県北茨城市大津町五浦にあって、明治時代に岡倉天心が思索の場所として自ら設計したもので、現在は、茨城大学が五浦美術文化研究所として管理しているものですが、ここでも夕刻となり入館できませんでした。
e0349750_08410136.jpg










近くには、こんな井戸もありました。
e0349750_08412566.jpg









大津崎灯台がすぐ近くにある五浦岬公園の駐車場に車を置き、六角堂を見に行ってきました。
e0349750_08414333.jpg







六角堂は「関東の松島」の異名を持つ景勝地・五浦海岸の中でも優れた景観を示すところに建っています。また3.11の地震で大津波により倒壊しましたが、現在は見事に再建されていました。
e0349750_08532989.jpg








大津波により壊滅となったここ大津漁港も再建され、夕景の中にシルエットとなって穏やかな海に戻っているようでした。
e0349750_08431118.jpg
☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。(我が県の作詞家野口雨情のうた)
    今日の一曲 / 春の歌

[PR]
# by atranze | 2017-02-10 09:30 | | Comments(14)

雪の日・・・(2472)


 今朝の我が地方は、雪が降り寒い朝を迎えました。



窓から外を覗くと、午前8時頃はかなりの雪が舞っていました。周りの屋根が真っ白です。
e0349750_10255210.jpg








今年も、我が地方の郷土料理「スミツカレ」を作ってみました。炬燵に入って食べると美味しいです。
e0349750_10261883.jpg








今日の10時のコーヒータイム。炬燵に入りながらブログを書いてます。
e0349750_10263964.jpg
☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
    今日の一曲 / Chapel by The Sea

[PR]
# by atranze | 2017-02-09 10:54 | 自然 | Comments(16)

袋田の滝・・・(2471)


 久慈川の支流にかかる袋田の滝を見に行きました。




四段の岩壁を流れるこの滝は、高さ120m、幅73mの大きさを誇ります。が、この時は水量も少なく暖かい日だったので氷結もなく、白糸のように流れていました。
e0349750_13125352.jpg









恋人聖地がここにも合いました。
e0349750_13132478.jpg










こんなところにも海外の観光客が来ていました。以前来た時よりも水量はないのですが、四季ごとに姿を変え、紅葉時や凍結した滝にクライマーの姿を見ることが出来ます。
e0349750_13134301.jpg









お土産店では、このような自然の恵みを美味しく頂けました。
e0349750_13151701.jpg
☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
    今日の一曲 / 夢見る頃を過ぎても

[PR]
# by atranze | 2017-02-08 13:35 | | Comments(14)

竜神大吊橋・・・(2470)


 黄門さま漫遊パスポートで、西山荘から奥久慈県立自然公園の竜神峡へと向かいました。






竜神大吊橋の前には無料駐車場があって、物産センターとレストラン森の風が大吊橋のたもとにあります。ここへ来るのは三度目ですが、新緑の竜神ダムを泳ぐ鯉のぼりなど祭りのときは混雑するようです。
e0349750_09385150.jpg










渡橋料大人310円ですが、パスポートによりスルーで渡れます。長さ375m、高さ100mで、橋の上からの眺めは四季折々のパノラマが広がります。
e0349750_09391492.jpg









ちょうど渡橋の時に、数名のバンジージャンプを行う人がいました。なかなか飛べなくて数分待っていると、恐怖に打ち勝ち勇気を発見! (〇〇さ~ん愛してるよ~)って竜神峡に愛を叫び落ちていきました。観客の人は拍手喝采です。
e0349750_09393041.jpg









V字形の美しい渓谷の中を流れる竜神川をせき止めた竜神ダムの上に竜神大吊橋が架けられました。ここはハイキングコースも整備され、かなり険しいコースもあってハイカーたちにも人気があります。
e0349750_09394990.jpg









橋は大自然の空間を舞い上がる竜を想起させ、浸食作用で出来た渓谷と清流の美しい景観を見ることが出来ます。

e0349750_09401637.jpg
☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
    今日の一曲 / 愛情物語

[PR]
# by atranze | 2017-02-07 10:14 | | Comments(12)

西山荘・・・(2469)


 冬晴れの先日、午前9時過ぎとなっていましたが、我が県北をドライブして来ました。



北関東自動車道で、常陸太田市にある西山荘(せいざんそう)へと向かいました。







無料駐車場がある西山荘入り口には、常陸太田市観光振興課での物産店もあり、そこでは、お徳用の黄門さま漫遊パスポートが「西山荘」「竜神大吊橋」及び「袋田の滝」の入場券などがセットになって大人1000円で発行されていました。

e0349750_08363978.jpg










お徳用パスポートを購入し、熊の杉などのある庭園を過ぎて行くと、紅蓮池に映る総茅葺の西山荘が見えてきます。
e0349750_08371075.jpg









ここ西山荘は、水戸徳川二代藩主光圀公が幕府より隠居を許され西山御殿として生涯過ごしたところです。
e0349750_08373271.jpg









丸窓のある三畳の小部屋は、窓際に梅を植えて「学問に励めば梅が咲く」という故事にちなんで勉学の戒めとし、丸窓からは心という字を裏から見た心字池も見え、ここから大日本史の草案などをご覧になられていたそうです。
e0349750_08375787.jpg









茅葺の屋根には、棟上に「いちはつ」が植えられ、根張りによって屋根の崩れや乾燥を測り、注水などして火災を予防したとされています。
e0349750_08381908.jpg









観月山から眺める西山荘。秋にはこの小高い観月山で、修史編纂事業に勤めた家臣のために宴を開き詩歌の会を催し、労をねぎらったそうです。
e0349750_08391176.jpg
☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
    今日の一曲 / 水戸黄門テーマソング

[PR]
# by atranze | 2017-02-06 09:47 | | Comments(12)